長年悩む偏頭痛について

20代の頃から頭痛持ちになり、歳を重ねるごとに頭痛の頻度が増えてきました。心配だったので、30代前半に脳検査をしましたが異常は見あたらず、緊張型偏頭痛と診断されました。
しばらく頭痛になる頻度が減り安心していましたが、40代になって頻度が増えてきました。鎮痛剤を服用して対処しますが、酷い頭痛の時は目を開けているのが辛い状態になります。
脳検査の時に、猫背から頭痛が来ている可能性もあると言われたので、対策として姿勢を正すように心がけています。
仕事中頭痛が酷いと、仕事が進まないだけではなく、周りにも迷惑をかけてしまうので困っています。姿勢を正すだけの対策では改善されないので、首や肩が凝りすぎないように月2回のペースでマッサージに行ったり、血行を促進する為にストレッチなども毎日しています。
対策をする前は、週2回以上頭痛が起こっていましたが、対策以降は月に3回程度までへりました。しかし、それでもたまに頭痛があるのは辛いので、漢方などを使用した改善策を現在検討しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です