目を酷使することから来る頭痛か。私生活に支障をきたす頭痛の対策。

私の悩みといえば、それは頭痛です。この症状が頻繁に現れるようになったのは、就職してしばらく経ってからでした。朝起きると目のずっと奥のほうがいたく、そこから頭痛に移っていくのです。

仕事をするのも頭痛のせいで集中できず、ポカミスなどをしてしまいますし、冷静な対処も取れず、最悪仕事を中断する時もありました。

脳神経外科のある病院で診察してもらっても異常は無く、ストレスによるものだろうと、鎮痛剤を処方されるだけで、確実に治る処置は無いようでした。

それから市販の鎮痛剤などを駆使して、なんとか仕事を続けました。諸事情で退職し、現在に至りますが、今も頭痛と戦う日々を送っています。

自分なりの推測ですが、目の使いすぎから来る神経痛ではないかと疑っています。職場では常にパソコンを使用していましたし、顕微鏡や、細かい形状の異常がないかなどを目視検査していました。現在もよくパソコンとスマートホンを使用するので疑いは濃厚です。

最近の対策としてパソコンやスマートホンを使用する際に、ブルーライトカットの眼鏡を着用したり、ホットアイマスクで目を休ませることにしています。

これがなかなか効果があり、以前より頭痛を感じることが減りました。それでも頭痛に見舞われた時は、鎮痛剤などを服用しています。

頭痛になると心の余裕もなくなりますし、家事育児の妨げになるので、どうにか直したいものです。

胃腸のトラブルに悩む

5年ほど前に胃腸炎になってから、ずっと月に数回の胃腸トラブルが起こっています。胃腸炎自体も長引いたのでその影響なのかと思うのですが、それ以前には全く胃腸が丈夫で何もなかったので困った不調です。
ですが最近は落ち着いてきていて、軽い腹痛や下痢が数日続く程度で治まっています。
トラブルがあった日は食事を控えて整腸剤などを利用することにしています。数日間経過すると良くなってくるので、なるべく食事で回復させるようにしています。
普段から和食を徹底していればそれほど調子が悪くならないので、原因はやっぱり胃腸炎で胃腸が弱ってしまったことだと思っています。特にホルモンバランスが崩れると余計に症状がひどくなるので注意しています。
なるべく普段から節制をするようにしていますが、ちょっと洋食などを食べたり、食べ過ぎになると体調不良になりやすいのでなるべく控えるようにしています。
あとはサプリメントなどを使って、胃腸の保護ができるようにしています。

食事時の胃の不調。

去年から食事前の胃の激しい痛みが続いています。2日に一度、または連続して毎日痛くなることもあります。
普段は大丈夫で、必ず食事前になるので何か決まった原因があるのかな?と感じています。
悩みどころは食べる前に痛くなるので気持ちよく食事ができないことです。
痛くなるとそのまま起きてはいられないので、横になってしばらく休むという一時的な対策をしてますが痛みが治まらない時もあります。
痛みが治まらないまま前かがみになって我慢して食べることもあるので、せっかくの美味しい食事も痛みに消されてしまいます。
前にも一度胃の痛みの違う原因で病院に行き薬を処方されて飲んでいたことがあるのでそれと関係があるのか分かりません。
今経済的な理由で病院に通うことができないのでネットで調べたりして原因を探してますが、
これかな?と思うものがいくつかあるもののはっきりとは分からないしやっぱり病院に行かないといけないかなと感じています。
そんな深刻なものではないと感じて放置してますが胃の不調の原因が気になります。

年々酷くなる肩凝り

昔は感じることがなかったのに、ここ2?3年ほど前から肩が凝るようになりました。なんとなく肩がだるいなー、というところから始まり、最近は常に肩が痛く腕が重く感じ、首も曲がりづらくなってしまいました。
左肩は特に痛みはないのですが、右肩がとにかく痛くて辛いです。右利きなので必然的に右手を上にあげたり、腕を捻って物を取ることが多いのですが、その度に肩に痛みが走ります。
肩が張っているせいか、肩の痛みを無意識にかばっているからか、首も張ってしまうので頭が重く感じます。
気が付いた時に腕や首を回したり、お風呂上がりの筋肉がほぐれている時にストレッチをしています。その時は少し肩が軽くなったような気はしますが、時間が経つとやっぱり肩が辛いです。本当に辛い時は、低周波の電流を流すマッサージ器具も使っています。
パソコンやスマホを使うことが多くなったので、以前より姿勢が悪くなったこと、眼精疲労で目から顔、首、肩の周りに負担がかかっていることが原因なのかな、と考えています。

私がいま現在抱えている体調不良についてまとめです。

 私は、いま不眠症に悩まされています。今年の2月ごろからしごとによるストレスで夜が全く眠れなくなってしまいこれまでずっと長く勤めていた職場を退職しました。退職した理由はどうしても不眠症に悩まされてしまい勤務中でも頭痛、耳鳴りと言った現象になやまされてしまい休職したいということを会社に申請したのですが採ってもらえず一身上の都合で退職することなってしまい、今は病院に通っています。対策としては、病院で処方された安定剤を飲んで寝るようにしています。ですがなかなか寝付けない感じですので部屋を暗くして横になって身体を休ませたりしています。不眠症が原因で眼の下にくまができていしまい少しみっともなかったりします。それと今の状態ではまた就職活動が再開できないので困っています。対策としては、不眠症の原因はストレスと言われているので週に一度、区役所に行って無料相談と言ったカウンセリングを受けるようにしています。今は、時間にして4時間程度ではありますが眠るって休めることができるようになりました。まだまだ治療は必要ですが、カウンセリングを受けることで少し気持ちが楽になってきています。

ぎっくり腰を発症以来、ずっと腰痛持ちで困っています。

ぎっくり腰を発症したのは、今から9年前の42歳の時でした。その時の原因はレントゲンを撮ってもらって言われた事は、椎間板が狭くなっていると言われました。原因は普段のジム通いでの悪い姿勢でのエアロビクスなどの運動の為かもしれません。この時から整骨院でマッサージをしてもらうようにしました。ぎっくり腰が治っても慢性腰痛はそのまま残ったままです。普段生活してる時はそこまで感じないのですが、朝起きた時が一番痛いです。布団から起き上がる時もゆっくりと一度横向きになってから体を起こす感じです。その後の顔を洗う為に腰を曲げるのがいつも痛くて一苦労です。膝を曲げてなるべく腰を真っすぐのまま洗うようにしたり、手を顔の方に持って行くようにしたりしています。あとサウナを繰り返し入るのは毎度、水風呂を挟んでするようにしているので痛まないのですが、湯船での半身浴を繰り返すと少し痛くなったりするのでそうなる前に止めるか、間に少し腰を保冷剤で冷やすなどしてから繰り返すようにしています。

慢性腰痛との付き合い

結婚前、現場職だった私。その頃から腰痛に悩まされるようになりました。
ですが、その時は若さゆえ「たかだか腰痛」と楽観視していました。
そして、妊娠出産。育児中も毎日のように「腰痛いなぁ~」といっていました。
見かねた母が腰痛ベルトや体操を勧めてくれ、接骨院にも通いました。あとは、湿布で誤魔化したり、負担をかけない姿勢体勢に気をつけ生活していました。
が、ある日腰掛の体勢から立ち上がろうとした途端ぎっくり腰になり、2~3日動けませんでした。
現在は父が病院からもらう液状の薬を譲り受け風呂上がりに塗布しています。
ただ今も立ち仕事、毎日の自転車生活のため、腰痛とは縁が切れません。
疲れた時は布団を丸め足を高くして寝たり、湯船にのんびり浸かったり、ゆったりとしたストレッチを心がけています。
時間とお金が許せば電気治療なども取り入れるべきなのでしょうが、そうもいかず、これまで仕入れた知識をフル稼働させ凌ぐこととなると思います。